AGA治療(男性型脱毛症)|横浜市の希望ヶ丘駅南口徒歩3分 内科・消化器内科|たぐち内科クリニック|土曜診療可

045-360-7070

AGA治療(男性型脱毛症)

AGAについて

AGAについて

男性の薄毛は、「男性型脱毛症」(AGA:androgenetic alopecia)、通称「薄毛症」と呼ばれ、思春期以降に始まって徐々に進行する、男性では最もよく見られる脱毛症です。前頭部と頭頂部の毛髪が軟毛化して細く短くなり、最終的には頭の生え際が後退し、頭頂部の毛髪が失われることが特徴で、日本の成人男性の4人に1人くらいが薄毛症と言われます。薄毛症は、遺伝や男性ホルモンによる発毛サイクルの乱れなどが主な原因と考えられています。

早めのケアが大切です

薄毛症は進行性の脱毛症であり、何もせずに放っておくと、毛髪の数は次第に減っていきますので、早めのケアが大切です。
当院は、個人情報やプライバシーに配慮しながら診療を行いますので(自費診療)、安心してご相談ください。

治療薬について

当院では、「プロペシア」や「ザガーロ」を使用し、AGAの治療を行います。
これ等の製剤は、脱毛作用の強い男性ホルモンとして知られるDHT(ジヒドロテストステロン)を生成する還元酵素2型5αリダクターゼなどの働きを抑制して発毛を促進し、毛根を深く、髪を太くしてくれます。2剤ともAGA治療を行っている医療機関だけで入手の可能な医薬品です。