漢方外来|横浜市の希望ヶ丘駅南口徒歩3分 内科・消化器内科|たぐち内科クリニック|土曜診療可

045-360-7070

漢方外来

漢方薬と西洋薬のコラボレーション

漢方薬と西洋薬のコラボレーション

血液検査や画像診断は異常無し、でも気分がすぐれず、調子が上がらない――こんな時、東洋医学的に診断すると、解決することがあります。
現代社会は、社会的ストレスや肉体活動の不足などに伴い、心身のバランスが乱れる「機能性疾患」が増加しています。
従来、機能性疾患は、単に精神的問題として捉えられたり、自律神経失調症として一括りに治療されたりしてきました。
しかし、近年、心と体の関係に対する関心が高まっています。
漢方治療は、生体を常に変化、活動するものと捉え、個人の体質や老化、(機能から分類した)五臓の異常、気血水の乱れ、さらに、それらのバランス等に着目して、治療します。このため漢方では、西洋医学と違った視点からの診断・治療が可能です。
また、当院では、漢方薬と西洋薬のコラボレーションを図り、両者の良いとこ取りをして処方しておりますので、漢方治療をご希望の方は、お気軽にご相談ください。

漢方は日本の伝統医学

漢方は、日本の伝統医学です。最近は漢方の良さが広く再認識されており、医学部の講義でも必修科目になりました。
それに漢方は、決して西洋医学と相反するものではありません。むしろ、西洋医学的な手法を存分に活かしながら、併せて漢方治療を受けていただくことも可能です。
また、漢方薬は効くのが遅い、保険が利かないというイメージ・認識が広まっているようですが、決してそんなことはなく、たとえば風邪などの急性疾患に対して速効性のある薬がありますし、保険適用の漢方製剤もたくさん出回っています。

漢方は不調対策も得意

人の体は健康と病気の二つの状態にはっきりと分かれるのではなく、体調がすっきりしないのに医療機関で検査しても「異常無し」と言われるような、白でも黒でもない灰色の状態があります。これを漢方では「未病」と呼び、はっきりした病気ではないのですが、病態が本格化し、症状が顕在化する前の状態と考え、放置すれば病気になる可能性があると考えます。
体質を改善したり、体の治癒力を高めたりして病気として現れる前に不調を治していく(未病を治す)ことを漢方では重要視します。西洋医学では病気とは見なされないような不調も、漢方は得意とするところなのです。

女性と漢方

女性特有の不調に大きな影響を与えているのが女性ホルモンの変化であり、閉経時に起こる更年期障害などは、その代表例です。
更年期障害のほか、初経時、妊娠・分娩時、毎月の月経などのホルモン変化によって起こる症状としては冷え、肩こり、イライラ感、不眠などがあり、どこが悪いと明確にできないこうした病態を西洋医学では「不定愁訴」「自律神経失調症」などと呼び、あまり積極的な治療は行ってきませんでした。
これに対し漢方では、体全体のバランスを整える観点から、どこが悪いと特定できないような病態を改善するのに効果を発揮します。
日本人女性の平均寿命が87歳近くにもなり、閉経後30年以上を生きる女性にとって、この長い年月をいかに過ごすかは大きなテーマです。女性にとって、漢方治療は今後もますます無くてはならない貴重な医療になっていくと思われます。

こんな方に漢方はお勧めです(例)

  • 何らかの自覚症状はあるものの、検査をしても異常が見つからない方
  • 西洋医学的な治療を受けても十分な効果が得られない方
  • 西洋薬による副作用に悩んでいる方
  • 西洋薬を長期にわたり用いることが気になる方
  • 夏バテ、体がだるいなどの症状があり、西洋薬には治療薬がみあたらない方
  • 冷えやのぼせ、肩こり、便秘、下痢などのちょっとした不調に悩んでいる方
  • ストレスを溜め込みやすく、不安、イライラ、不眠などの症状に悩んでいる方
  • 朝が弱い、立ちくらみ、めまいなど、低血圧による症状に悩んでいる方
  • 虚弱体質で疲れやすく、風邪をひきやすい方
  • 漢方独自の診断法に基づく治療を受けてみたいという方
  • 漢方に興味があり、ぜひ試してみたいという方 など